旅の様子はYoutubeでも発信中≫

ゼイレックモスク|イスタンブール|トルコ*訪問記録*

トルコ

1118年~1124年にかけて、東方正教会の聖バンクトラトール修道院として建設され、コンスタンティノープル陥落後にモスクへと改修されたゼイレックモスク。

世界遺産『イスタンブール歴史地域』を構成する重要な建築物でもあります。

少し不便な場所に位置することと、見た目に派手さがないことが相まって、ゼイレックモスクには観光客はあまり訪れません。

しかしながら、その素朴な佇まいと、心安らぐ静けさは、とても印象に残りました。

個人的にはイスタンブールで一番好きな場所です。

 

スポンサーリンク

ゼイレックモスク 基本情報

正式名称:ゼイレックジャーミー(Zeyrek Camii)
住所:Zeyrek Mh., 34083 Fatih/İstanbul

 

Youtubeでも紹介しています

動画でも紹介しているので、よろしければ併せてご覧ください。

 

ゼイレックモスク 訪問記録

遠くから見たゼイレックモスク。

この近辺はなかなか交通量が多いのです。

イスタンブール旧市街の主要な観光スポットが集う場所(南)からは離れているため、あまり観光客も訪れないようですね。

 

予想通り、坂を登らされます。

丘の上にあるのだから、当然よね。

 

だいぶ近づいてきました。

 

階段の先に見えました。

ピンクがかった色合いの建物がゼイレックモスクです。

 

 

派手さはないけれど、個人的にはとても好き。

もともとがギリシャ正教の修道院だったこともあり、ほかのモスクとは少し雰囲気が異なります。

 

 

 

入り口を探しています。

 

 

どうやらこれが入り口っぽい。

サボっていた監視員の方が戻られたので、確認して入場。

 

 

 

やはり、モスクの中では少し異質な雰囲気。

修道院だったということも分かる気がします。

 

 

 

床には赤の絨毯が敷き詰められています。

外観のピンクがかった色合いとマッチして、穏やかな印象を受けます。

 

 

 

イスラムの神学校としても利用されていたからか、書籍がパラパラと置いてあります。

中で子供たちが追いかけっこをしていたけど、彼らが読むのかな?

以上でゼイレックモスクを見終わりました。

訪問者が少ないこともあり、とても静かな空間です。

どちらかというと子供の遊び場になっている気も…(笑)。

元が東方正教会の修道院だったこともあり、素朴な作りで、落ち着いた気持ちになります。

私はこの雰囲気、好きですよ。

イスタンブールの観光スポットとしては、超穴場かもしれません。

 

<おしまい>

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました