猫の聖地トルコ・イスタンブールの実態に迫る【問題も多い】

旅行

こんにちは。にゃんさん@nyankodearuです。

トルコ最大の都市であるイスタンブールは「猫の聖地」と呼ばれており、町中のいたるところで猫を見かけることができます。

どこを見ても猫、猫、猫…。
石を投げたら猫にあたる、そんな感じ。

今回の記事では、イスタンブールに約一か月滞在した私の猫コレクションを大放出します。

また、なぜ猫がこれほどまでに自由な生活ができているのか…、その本質的な理由もだいたい理解できたので、それについてもお伝えします。

町中に猫がいるという良い面ばかりがクローズアップされていますが、裏には問題も隠されているのですよ…。

スポンサーリンク

トルコのイスタンブールは猫の聖地!

イスタンブールで猫を見つけるのは難しくありません。
周りを見渡せば猫がいます。

開店待ちの猫。
トルコの猫って、なぜか尻尾がゴージャスな子が多い。

日本で数十万円で売られている血統種が顔負けの毛並みですよね。
ふっさふさのもっさもさ。

あと、日本猫と比較すると、全体的に小顔でスタイルがいいっす…。

蹴ってくれと言わんばかりに邪魔な場所で寝ている猫。
もはやオブジェクトにしか見えない。
サッカーボールではありませぬ。

バイクも留守にしていると占拠されます。
猫ってこういうところ好きですよね。

育児を頑張っているお母さんもいます。
こうやって無尽蔵に猫が増えていくのです。

こちらはなんというか…。
育児に疲れたお母さんですかね。

ちなみにこれ、インテリアショップの椅子です。
きっと寝心地が抜群なのでしょう。

何か視線を感じるなと思ったら、見られていました。
油断も隙もないですね。

宿泊施設にも、だいたい猫がいます。
朝食は左手でこやつの頭を押さえつけながら食べています…。

スポンサーリンク

猫の生活はどうしてるの?

これだけ町中で好き勝手に暮らしている猫たち。
ここで気になるのは、食事や住処についてですよね。

当然、イスタンブールでは人が手厚く面倒を見ています。

道路の端には、このように板や段ボールなどを利用した住処が置かれています。
周囲にはキャットフードがバラまかれていますね。

カプセルホテルのような猫小屋。
ここはイスタンブール新市街でも、最も人が多いタクシムの近くです。

個人的にすごいなと思ったのが、こちら。
赤い箱の上の方に「SISLI」と書かれていますが、これは地域の名称。
つまり、おそらく公的に提供されている猫小屋なのです。

ある意味、イスタンブールに純粋な野良猫は存在せず、みなが地域猫と呼べる存在なのかもしれませんね。

ペットボトルを改良して作られたエサ箱。
あちこちに設置されています。

シンプルにキャットフードだけ与えられるケースも多いですね。

なんと、バス停にも猫の水飲み場があります…。
人用のを設置しろよ(笑)

あとは余ったパンなどでしょうか。
下手したら私より良いもの食ってるかもですね…。

スポンサーリンク

衛生的な問題はないの?

ここまで見ていただけ方には、とある疑問が浮かんだはずです。

“これだけ猫が自由に生活していて、衛生的には大丈夫なの?”

常識がある方は、そう思いますよね。
もちろん、問題はたくさんあるのですよ。

猫の糞尿はいたるところで見られます。
ただ、猫の数の割には少ないな…とは思いますが。

それと、ゴミ箱。
こんな光景はあちこちで見られます。
そりゃそうだ。

ゴミ箱の周りは散乱していますよね。
しかし、ここで一つ大事なことがあります。

一見めちゃくちゃ散らかっていますが、これは必ずしも猫の仕業とは限らないということです。

なぜなら、トルコ人の衛生に対する意識は極めて低いからです。
そもそも、ゴミの分別すらあるのかないのか分からない状況なので。

空き瓶がポンっと捨てられていますが、このような光景は日常茶飯事。
トルコ人は大多数が歩きたばこをするのですが、基本的にはみなポイ捨てします。

歩道を見ると、吸い殻やガラスの破片だらけですね。

人間がこれだけゴミを散らかしているので、ちょっと猫が荒らしたくらいでは気にしないでしょう。

スポンサーリンク

Youtubeでも紹介しています

動画でも紹介しているので、よろしければ併せてご覧ください。

チャンネル登録 ぜひお願いします!

スポンサーリンク

まとめ

猫が自由に生活し、人と仲良く共生しているトルコ・イスタンブール。
住処や食料など、猫の生活に必要なものはすべて揃っています。

一方で、猫による衛生的な問題も大いにあります。
しかしながら、トルコ人の衛生に対する意識が極めて低いため、あまり気にしていない様子。

巷では

イスタンブールは猫だらけ!かわいい!うらやましい!

など良いことばかり書いている記事が多いですが、このような現実的な問題が隠されていることもご理解いただけたら…と思います。

手放しに称賛できる文化ではないですし、先進国が真似をするのは困難でしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました