科学の進歩がもたらした恩恵と、人類の行く末について

教養

科学の進歩は目覚ましく、日に日に便利な社会へと変化しています。
200年前の人が現世を訪れたら、まるで異世界に来たような感覚に包まれるでしょう。

しかし、時々ふと思うことがあります。
大局的に捉えた場合、いったい科学技術は何を目指して進歩しているのだろうかと。

おそらく本質的には明確な答えがないであろう問いかけ。
私も人類の一員なので、少し考えてみたいと思います。

スポンサーリンク

科学の進歩は人類に何をもたらしたのか

科学は常に進歩しており、私が子供だった頃に比べると、まるで夢のような世界です。知りたい情報の大半はWebで調べることができるし、電化製品の性能も素晴らしく、非常に便利。一人暮らしでも全く不自由がありません。

科学が進歩したことで、人間の生活は大きく変化しました。
具体的にどのような恩恵を受けたのか、少し整理してみましょう。

平和・安全について

こちらは科学だけの問題ではないのですが、第二次世界大戦を終え、世界はかつてないほど平和な時代を迎えています。イスラーム過激派によるテロや、貧困国の紛争など深刻な問題は残っていますが、間違いなく世界史上最も平和な時代です。

何を言っているの!
世界はどんどん危なくなっているわよ!
ニュースを見ていないの!?

…とお怒りになるマダムもいらっしゃるかもしれませんが、それは統計を無視した認知バイアスなので、一度『暴力の人類史』という本を読むことをおすすめしておきます。

貧困率と犯罪発生数というのは密接な関係にあり、科学の力で国民の生活が豊かになることで、防止できる事件はたしかに存在します。

また警察の捜査技術の向上や、自動運転などの開発も、我々の安全に大きく貢献してくれはずですよね。

幸福度について

「幸福」という感情は主観的なものですし、文化・宗教・個人の特性など様々なものに影響されるため、正確に測定することは不可能です。

しかし、科学の進歩により、いわゆる貧困層の人々の幸福度は高まるかもしれませんね。治安の改善により不条理な喪失を体験する確率は下がるし、食事なども十分に供給されることが期待できます。これは望ましい姿です。

一方、中流以上の階級においては、幸福度は大きく変わらないかな…とも思っています。科学が進歩しようと、人間の性質は変わりません。なので他者との相対評価に重きを置いている類の人は、弱者を見下し強者には陰口を言う…というスタンスは変わらないでしょう。

無駄な労働をカットすることで、仕事のストレスが減る、ということは大いに考えられますが。

人口について

世界の人口は増え続けています。医療の進歩により寿命が延び、戦争や事件による死者が減り、さらに福祉の充実で餓死する者もいなくなる。そうした場合、子づくりを制限しない限り、人口は増えていきます。

自然界においては「淘汰」という現象が起きるため、食料にありつけない・あるいは身の安全を自分で確保できないものは死に至ります。しかし、人間社会においては集団が保護するシステムが構築されつつあるため、弱者でも生き残ることができるのです。

身の周りのことについて

私たちの家庭では、電化製品を使用していますよね。冷蔵庫、洗濯機、電子レンジ、エアコン…。だいたい5~10年程度で買い替える方が多いと思いますが、驚くほどに性能が向上しているのを実感できるはずです。

また、昔は高価だった乗用車も、今では一般家庭に普及しています。さらに自動運転の実用化がすすめば、不要な交通渋滞や事故の発生頻度は大きく低下するでしょう。

飛行機も手軽な存在になり、一般庶民でも海外旅行を楽しめます。今後はさらに考えられないような移動手段が考案されるかも…。

スポンサーリンク

科学の進歩の先にある、人類の行く末について

このように、私たちの生活は科学の進歩によって、日に日に便利になっています。治安が良くなり、貧困が救済され、人口が増え、家事も楽になっている。

さて、それでは科学がこのまま進歩を続けた場合、いったいどのような未来が待ち受けるのでしょうか?

例えば、人工知能が進歩すると、これまで人間が行ってきた一部の仕事をする必要がなくなります。洗濯機が普及し、手で洗濯をする人が減ったのと同じことですね。ようするに、人間がすべき仕事が次々になくなっていくのです。

自分の仕事が機械に奪われてしまう!…と嘆く方も多いかもしれませんが、そもそも人間が労働する必要自体もなくなるかもしれませんよ。国から最低限の生活を保障されれば、仕事をしない人も増えるでしょう。

こうやって考えてみると、なんともいえない未来が待ち受けていそうです。ゴロゴロしていても生活が保障され、やることがなく、病気になっても治療してもらえ、どんどん人口が増えていく。そして何らかの理由で地球が住めない状態になったら、最新の宇宙船で他の惑星に移住するのでしょうか。

これは楽園
一般庶民は怠惰な飼い猫みたいな生活になりそうですよね…。
私はだらだらするのが好きなので、これもアリですが(笑)

近年は、人間が手にした力が、少し…巨大になりすぎています。
ここらへんで、本質的に人類は何を目指しているのかということを、少し考えてもいいのではと思うのでした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました