旅の様子はYoutubeでも発信中≫

アレクサンドル・ネフスキー大聖堂|ソフィア|ブルガリア*訪問記録*

ブルガリア

東方正教会の聖堂では世界最大級の規模を誇り、ブルガリア総主教の本拠地でもあるアレクサンドル・ネフスキー大聖堂。

5000人をも収容できる巨大な建物は、ソフィアのシンボルでもあります。

アレクサンドル・ネフスキー大聖堂の建設は1882年に開始、その大半が1904年~1912年に行われました。

 

スポンサーリンク

アレクサンドル・ネフスキー大聖堂 基本情報

正式名称:アレクサンドル・ネフスキー大聖堂(Alexander Nevsky Cathedral)
住所:pl. “Sveti Aleksandar Nevski”, 1000 Sofia Center, Sofia, ブルガリア

アレクサンドル・ネフスキー大聖堂 訪問記録

ソフィア市街を歩いていると、自然と目に入るこの大きな建物。

明らかに他の建物とは格式が異なります。

 

 

 

正面から見たアレクサンドル・ネフスキー大聖堂の全貌。

いや、本当に大きいですね。

具体的な大きさは長さ73.5m、幅52.2m、高さ53.0m。

5000人を収容できるとのことなので、ちょっとしたコンサートができるくらいの規模なのです。

 

 

こちらが入場口。

入場は無料ですが、写真撮影は料金が発生します。

 

さて、ここで写真を撮影していると問題が発生。

撮影料金は受付で支払ったのですが、それを証明するシールなどはありませんでした。

受付のお姉さんは「そのままで大丈夫よー」と軽い態度。

ほんまかいな…と思いつつ、中で撮影していると案の定司祭様が近寄ってきて「撮影には料金が必要です」と言ってくるではないですか。

事情を説明しても納得せず、受付のお姉さんのところに司祭様を連れていくハメに。

司祭様も納得され、「Sorry」とのこと。

一件落着…と思いきや、しばらく時間がたつと、またもや別の司祭様が(以下略

どれだけ観光客慣れしてないんだよ、ここは…という微妙な気持ちになりましたね。

そして、司祭様がお金を請求してくる姿はなんともいえませんでした。

 

 

シャンデリアの雰囲気とかはアヤソフィアに似ているかもです。

 

 

混雑度はそれほど高くはないです。

 

 

 

 

シルバーのイコン。

 

 

このイコン、作風がどことなく楳図かずおっぽくないですか?

気のせい…ではないと思う…。

 

 

こちらのイコンは比較的あたらしいものでしょうか?

現代風な気がする。

 

これで一通り見終わりました。

ブルガリアを代表する大聖堂、アレクサンドル・ネフスキー。

その名に恥じぬ素晴らしい建築物で、見学できて良かったです。

 

<おしまい>

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました